日本人と貯蓄

日本人と貯蓄の関係を考える

名前がユニークなだけじゃないトマト銀行

トマト銀行で資産運用

トマト銀行には資産を運用するのに適した商品が多数用意されています。「スーパー定期」「スーパー定期300」「自由金利定期預金」は1ヶ月から5年までの間で自由に満期を指定できる定期預金です。自分のライフプランに合わせて運用の設計ができますね。

また「積立式定期預金」は毎月一定日に自動振替で積み立てられていきますので、確実に資産を増やせます。積立期間は1年以上であれば教育資金などの計画に合わせて何年でも自由に指定できます。給与やボーナスから会社が天引きで積み立てる「財形預金」は、税金が非課税になるなどいろいろな特典もあるので、将来のための資産作りに最適です。

はじめから高金利を狙うならももたろう支店の「スペシャルきびだんご定期預金」でしょう。香川銀行の「セルフうどん支店」、愛媛銀行の「四国八十八カ所支店」を合わせて「地銀インターネット支店の御三家」というそうですが、どれも高金利ランキングでネット銀行をおさえて上位を競う銀行です。

またセカンドライフを応援するプランも種々揃っているようです。トマト年齢優遇定期預金「円熟世代」や退職金運用向けの金利優遇サービス「セカンドプラスα」があり、その運用については「資産運用アドバイザー」などが相談に乗ってくれます。公的年金や個人年金とともに企業年金も年金資産として重要になってきますね。運用をしっかり考えておくべきでしょう。

トマト銀行では投資信託の販売にも積極的です。「トマト・デュエットプラン」は、投資信託と定期預金を同時に申込むと、円定期預金の3ヶ月ものに金利上乗せの特典が実施されます。プランには3種類あり、上乗せされる金利はそれぞれかなり高金利で、特に退職金を預入した場合はさらにプラスされます。

トマト銀行では現在もいくつかの定期預金キャンペーンを行っています。通常のスーパー定期預金の金利にさらに金利を上乗せするタイプが多く、かなりの高金利になります。キャンペーンの情報はしっかり押さえておきたいですね。