日本人と貯蓄

日本人と貯蓄の関係を考える

地域経済の活性化に貢献する大分銀行

大分銀行で資産を増やすための商品

お客さまのライフプランに合わせて資産を形成し運用していく円定期預金は、元本が保証される資産形成商品ですが、残念ながら現在の預金金利は低金利が続いています。大分銀行にはそんな状況の中でも、高い金利が期待できる商品があります。具体的には年金や退職金、相続による資産でスーパー定期などの円定期預金を作ると、通常よりも高い金利が適用されます。

そして円預金の金利だけではなかなか貯蓄を増やせない現在、投資のプロに運用を任せて少額から始められるのが投資信託です。投資信託はお客さまから集めた資金をまとめ、投資信託委託会社のプロが株式や債券など複数の対象に分散投資して運用する商品です。そして、その成果は投資者に分配されます。大分銀行では5千円からスタートすることができ、さまざまなタイプのファンドから自分で選ぶことができます。

また大分銀行では積立タイプの投資信託や、インターネットで手軽にできる投資信託も取扱っています。積立投資信託は自動引落しで積立しながら毎月一定額の投資信託を購入していく商品です。大きな投資資金が必要なく、買い過ぎたり安値の時も買いそこなうことがありません。また、インターネット投資信託なら、自宅に居ながら好きな時間に投資信託の購入や売却、保有ファンドの状況の確認などができます。

そして投資信託によって得た利益が非課税になるのがNISAです。NISAは「少額投資非課税制度」のことで20歳以上の方なら誰でも利用でき、確定申告の必要もありません。NISAを利用するには、専用の口座の開設や税務署への届け出が必要ですが、大分銀行で申込めばすべての手続きを任せることができます。